スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2016年09月21日

第4回 LE祭り in KANSAI レギュレーション



いよいよLE祭り in KANSAI も近づいてきましたが、当日のレギュレーションが決まりましたのでお知らせしたいと思います。

(関西LE祭り レギュレーション)
----------------------------------------
・使用可能BB弾:0.2g バイオBB弾のみ。

・初速:95m/s以下(0.90J)(初速チェックを行います)

・ヒット判定は跳弾も含む。

・銃だけ出し撃つ行為、ブラインドショットは禁止。

・一切の刃物の持ち込みを禁止とする。

・フレンドリーファイアーはヒットとなります。被害者はヒット判定・加害者はセーフ判定。

・ゴーグルの形状は自由となります。
 ただし、ゲーム中の怪我に関しては、全て自己責任といたします。十分にご注意ください。

・シチュエーションゲームとなりますので、マーカーを使用しません。
 衣装によってチームが別れることになります。誤射されないように味方にわかりやすい衣装を推奨します。

・シチュエーションゲームとなりますので、装弾数制限を行います。

 警察側 : リアル装弾数厳守 携帯可能予備マガジン数:1ゲームにつき2本
       弾切れの場合は警察署に戻り、補給します。

 ギャング側 : スプリング式給弾マガジン厳守。多弾装マガジン(ゼンマイ式)は禁止。
         ※特例として、ドラムマガジンは雰囲気重視のため、使用可能といたします。
          世界観を守るために、200~300発程度にしてください。
 
○ショットガン
 マガジンチューブ長で装弾数を判断いたします。
 例:機種 東京マルイ M870 ガスショットガン マガジンチューブ長がショットシェル5発の場合
   3発同時発射になるので、「 5+1=6×3=18 」なので、ショットシェルには18発の装填。
   携帯予備マガジン数が2個になるので、下記の通りになります。
     1ゲームに持って行ける弾数=18発入りショットシェルマガジン×3個

○グレネードランチャー
  1発が1発換算となりますので、1ゲームに持って行ける弾数=3発(40㎜グレネード内の装填数は自由)
 
○グレネード(トルネード等の投擲型グレネード)
  1ゲームでの使用可能数は3個までになります。装填数は自由。

・ヒットして倒れている敵を盾にすることが可能。ただし、盾にしている間は一切の発砲が不可。
  盾にする場合は、盾にする人に必ずその場で承認をもらうこと。
  警察側は人道的観点から盾にする行為は禁止とする。

・ヒットされた味方を回収し復活させるゲームが多いです。
 警察側:回収は必ず2名以上で行うこと。回収対象者は、回収者に触れられている状態であれば、自走可能。
 ギャング側:回収は必ず1名以上で行うこと。回収対象者は、回収者に触れられている状態であれば、自走可能。

・手錠の使用が可能。
 手錠を使用する場合、必ず使用する前に対象者に対して許可を得ること。
 ①使用希望者は使用対象者に手錠と鍵を見せる。
 ②対象者は使用希望者に意思を伝える(伝達方法は任意)
 ③使用希望者は使用する前に口頭で使用対象者に最終確認を行う。
 ④手錠は必ず、事故防止のために体の前で行うこと。
 リーシュコードも使用可能ですが、手錠に比べ鬱血する可能性が高いため、必ず緩めにすること。
 使用対象者が緩めてほしいと希望があった場合、速やかにカットすること。
 足枷は事故防止のため禁止とします。

・フリーズコールは反撃可能。
 自己判断としますので、自己責任でお願いします。近距離で射撃には十分に注意してください。

・盾にヒット判定はありません。
 警察側・ギャング側共に使用可能とします。

・花火・煙幕は禁止といたしますが、主催者側による演出で花火・煙幕を使用する場合があります。ご了承ください。
----------------------------------------

ゲーム内容についても順次公開していきます。
参加者の方は今後の記事をご確認ください!
  


Posted by Logan at 20:28Comments(0)イベント