スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2015年06月27日

LE CORE MEETING アフターリポート No.3



少し間が空いてしまいましたが、前回の「映画SWAT戦」の続きです。

ゲームがスタートしてから特にギャング側からの攻撃は無く順調に護送を続けるUSマーシャルとPOLICE達でしたが、高田社長が思わぬ行動にでます。



カメラのファインダー越しに「ん?何か動きが変だな?」と思った瞬間でした。



突如1人のマーシャルから銃を奪いました。

カイデックスホルスターだったことが仇となりましたが、実際にも犯人から銃を奪われる危険性があるので、カイデックスホルスターを嫌うPOLICEもいると聞いた事があります。

今回は銃だけを抜き取ったわけですが、力ずくでホルスターの根元から破壊して奪ったりするんですから、外人のパワーは恐ろしいですね。



揉み合いになりましたが、周り中POLICEだらけで到底逃げられません。




結局、銃を取り上げられ取り押さえられます。



再び護送される高田社長。

それにしても、打ち合わせ無しでこういう事をするから驚きます。

なるべく良いシーンを撮影しようと注意していたのに、あまりに一瞬で銃を奪う瞬間を撮影できませんでした。



この頃になると周りで銃撃戦が始まりだします。






ギャング側からの攻撃に応戦するPOLICE側ですが、また高田社長がやらかします。




慌てて駆けつけると、また銃を奪ったようで画像のような状況になっていました。

護送していたマーシャルは撃たれてしまったようで、他のPOLICEに取り押さえられた形です。



マーシャルはやられてしまったので、別のPOLICEに護送されます。



このように油断ならない高田社長ですが、「悪ふざけが過ぎる!」と女性シェリフにお灸をすえられていました。(足元に威嚇射撃)



そろそろ目的ポイントが近づいてきましたので、ギャング側の攻撃も激しくなってきています。

しかし今のところ数で圧倒するPOLICE側が優勢なので、このまま警戒しながら進みます。











もう目的ポイントは目の前!

次回で「映画SWAT戦」が決着です。  


Posted by Logan at 00:03Comments(0)イベント